2017-06-29

新たなスタート。

もう6月が終わりそうですね。1年の半分が過ぎようとしているなんて、夢だ―と思いたい。

虫歯になっていた下の親知らずをようやく抜いたのですが。
これが、超痛い。
痛み止めを飲んだのに、いーたーいー。
しかも、病院でもらった痛み止めを飲み終わって、市販のを買ってくるほどに
痛い……。

先生から「口の中を大怪我したのと同じですからねー。痛いですよー。
腫れますよー」と言われていたのですが、あまり深刻に考えていませんでした。
しかし、本気で痛くて、もう大変。顔の腫れは引かないし、どうすればいいんだ……。

平安の資料を読んでいたときに、「歯槽膿漏がひどくてごはんが食べられず苦しむ患者の絵」
なるものを見たのですが、「またまた、歯槽膿漏ぐらいで大げさな……」
と思っていたのですが、今、すごく気持ちがわかるぞ、超痛いね!!
って、その絵のおじさんに詫びたいくらい、痛いんだよっ!

というわけで、非常にブルー(ノД`)・゜・。

そんな中、次のお仕事の話が進んでいます。
ざっくりとしたプロットをいくつか出したら、書くものが決まったので、きちんと起承転結を入れ込んだ
プロットを出します。それで最終的にOKが出たら、執筆スタート。
次は、いつもとは違う感じのものになればいいなと思っています。

あとは、なんだかすごく本が読みたくてたまらず、いろいろと読んでいます。
最近読んだ本は……

プロテスタンティズム -宗教改革から現代政治まで-
ところどころ頭に入ってこない部分はあったのですが、今までの思い込みが
修正されていく気持ちよさがあり、さらにはラスト二章でドイツとアメリカというふたつの国に
及ぼしている影響がわかりやすくまとめられていて、興味深かったですよ~。関連本を
読みたくなりました。

中国史の名君と宰相
短い文章仕事をまとめた本なので、この人物について、もうちょっと長く読みたいなーと思わせる
ところもちらほら。しかし、宮崎市定先生は昔の文章なのに、テンポがよくて読みやすく、全体的には
楽しく読了。「張溥とその時代」が興味深かったなー。明末の絶望感やどうしようもなさがよく出ていて。

ちょっとあせった感じで本を読んでいます。
しかし、頭の中の栄養不足は一向に解消されませんなー( ;∀;)
2017-05-29

『皇帝陛下の愛され絵師』が電子配信されますよ。

抱えていた原稿がひとつ終わったと思ったら、すぐに追加のお仕事がきました。
趣味兼お勉強の資料を読もうと思ったが、時間がなくなったんだぜ(;'∀')

6/2(金)に『皇帝陛下の愛され絵師~その筆は奇跡を招く~』が電子配信
されます。電子書籍派の方はどうぞ。
とりあえず、今作について語ってみる。

1.プロットが二転三転
当初のプロットは悪役が○○だったのに、最終的には○○に変更。
動機も大幅変更で、本文執筆時には、プロットはほぼ見ずに書きました。

2.好きキャラは広礼
こういうキャラが好きなのですよねー。書いていて楽しいったら(*´▽`*)
ただし、正ヒーローにはなかなかできないよなと。ヒーローにして楽しそうなのは
開武。

3.気づくと『公爵様のパティシエール』中華版みたいになっていた。
完全に自分の趣味に走るとこうなる。

さて、近況もちらほらと。
東京に行くよ\(^o^)/
茶の湯展見に行きます! そのほか、行きたい博物館あり。とある洋館の
見学予約をとったので、楽しみです~。

あと、小田さんとお会いしました。福岡市博物館のポンペイ展をご一緒していただきました~。
久しぶりにお会いしたせいか、最長! というくらいおしゃべりしましたよ。
ポンペイ展も楽しかったなー。今は展示物を撮影してもいいんですね。
すごくびっくり……。
資料になりそうな部分だけいくつか撮影しましたが、あのシャッター音って、
けっこう集中を阻害する気がしますね。や、自分が気になったのですが。

それにしても、更新したい記事がたまっております。
はーなかなか諸々、進まない(ノД`)・゜・。
2017-04-22

『手塚先生の恋愛指南』の試し読みができますよ。

ただ今、『手塚先生の恋愛指南』の試し読みが公式サイトで掲載されておりますヽ(≧∀≦)ノ
100ページ読めるそうですよ。特集サイトもまだ見られますので、お気軽にご覧ください。

この間、歯の痛みがストレスかもとか言ってましたが……。
ふつーに虫歯でした。
情けない……。
親知らずだったので、もう抜いてもらいましたが。
抜いてもらったのは上だったのですが、どうやら下も虫歯になっていて、
抜かねばいけないそうで。
しかし、下は神経とか近いので、大きな病院行きと宣告されました。
えーまじか。大学病院とか行ったら、検査で一日がかりだぞー。
というわけで、原稿が終わったら、俺、歯を抜きに行くんだ(゚∀゚)/ウヒィ

今、東京国立博物館で茶の湯展をしていますね。
もう、行きたくてたまらなくなっておりますーー!
だって、アルカンシェール財団の『青磁下蕪花入』が展示されてるんだよぉーーーー!!
あと、5月の終わりには李迪筆の『紅白芙蓉図』が展示されるしぃーーーー!!
もう、これは見に行けってお告げとしか思えないぃぃぃぃ!
ていうか、近場にいたら展示品が入れ替わるたびに見たいですよ。
国宝とか重文が全国から集まっているじゃないの……。
すごすぎでしょう。
まあ、静嘉堂文庫の曜変天目⇒見た
東洋陶磁美術館の油滴天目⇒見た
九州国立博物館の油滴天目⇒見た
なので、天目についてはわりと満足してはいるんですが……。
あとは、藤田美術館の曜変天目を見たいです。
ちなみに、今、展示されてるの知ってる(゚∀゚)/

まあでも、やきものはあまり色変を考えなくていいからか、けっこう
長期間展示されてるけれど、絵とか書がですね。期間絞っているよなぁと。
南宋画がけっこう展示されているので見たいんだけどなぁ。
日本人は南宋画好きだよね。まあ、わかる。夏珪の山水画とかもろ日本人好み。
ちなみに、日本人が好きでいっぱい持ち込まれている牧谿の絵ですが、
中国では牧谿は無名らしいそうです。ということを知ったとき、
やっぱり日本と中国は好みが違うなぁと思いました。

というわけで、トーハクはなんとかして往きたい(ある意味当たってるな……)
と思います。
2017-04-15

現実逃避という名のひとりごと

ただ今、原稿をやっております。
久しぶりに資料が周囲に散乱しつつ書いております。

この4月でデビューして8年目に突入します。
以前も書きましたが、よくプロとして生き残っているなぁと思ったり。
この8年の間に少女小説界隈もだいぶ変化しました。
これからも変化するんだろうなと思います。
その変化に適応しつつ、生き残っていきたいなと思っております。

『天命の王妃』を書いているとき心配だったのは、次に新しい作品が
思いつくかなぁということでした。結論として、あの当時の自分に
心配しなくていいと言ってあげたい。今、書きたいものがいっぱいあります。
中華もまだたくさんネタがあるし、西洋ものも書きたいし、今は平安ネタが
降ってわいてきたので、これが物語にならないかなぁと考えていたり。
現代ものも時代ものも書きたい。つまり、たくさん書きたいものがあるわけでして。
これを全部書こうと思ったら、三年くらいはかかりそうです。というわけで、
とりあえずは十年のハードルを飛び越えたいなぁと考えております~。

今日はふと思いたって『魔王の花嫁と運命の書』をパラパラとめくってみました。
ちなみに、本になったらイラストを見るだけで、本文はほとんど読みません。
なので、久しぶりに『魔王~』を開いて、けっこう楽しかった……。
セシーリアとルードルフのカップルは好みだなぁと今でも思います。
勝手しほうだいのセシーリアと彼女の尻拭いをするルードルフの話は
もう少し書きたかったですね~。
『天命』は8巻も書いたので、まだ書きたかったなという気持ちにはならないんですが。

というわけで、セシーリアとルードルフみたいなカップルは、また書くかもしれません。
でも、セシーリアの性格って、なかなか素直に好きとか言わないのでね。
色っぽい展開にはならないのが難点ですなー(ノД`)・゜・。

というわけで、現実逃避は終わりです。
ともあれ、8年目に突入です。読んでいただけるような作品を送りだせるよう
がんばっていきたいと思います。
2017-04-04

新刊について、さらなるお知らせ😊

もう4月ですね。
時の流れの無情に涙しております。

3/31(金)に発売されました『皇帝陛下の愛され絵師 ~その筆は奇跡を招く~』
ですが、ウルンジャーペーパー対象作品となっております。
ウルンジャー店舗さんに行きますと、ペーパーがついてきます。
ちなみにタイトルは『宮廷絵師の残念な弟子』です。
まあ、啓超は絵が×××××というお話なのですが……。

あと、帯にまちさんの四コマ漫画が掲載されております~!
とてもかわいい! 彩霞がかわいい!
この四コマ漫画を使って、POPを作っていただいております。
わたしも本屋さんで見ました!

というわけで、よろしくお願いします!
拍手もありがとうございます!
プロフィール

日高 砂羽(ひだか さわ)

Author:日高 砂羽(ひだか さわ)
 集英社コバルト文庫・オレンジ文庫で小説を書かせていただいております。

 ブログ内の記事の著作権は放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

 ご用の方はメールフォームをご利用ください。返信が必要なメールで、1週間経ってもこちらからの返信がない場合、再度ご連絡くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: