2017-04-22

『手塚先生の恋愛指南』の試し読みができますよ。

ただ今、『手塚先生の恋愛指南』の試し読みが公式サイトで掲載されておりますヽ(≧∀≦)ノ
100ページ読めるそうですよ。特集サイトもまだ見られますので、お気軽にご覧ください。

この間、歯の痛みがストレスかもとか言ってましたが……。
ふつーに虫歯でした。
情けない……。
親知らずだったので、もう抜いてもらいましたが。
抜いてもらったのは上だったのですが、どうやら下も虫歯になっていて、
抜かねばいけないそうで。
しかし、下は神経とか近いので、大きな病院行きと宣告されました。
えーまじか。大学病院とか行ったら、検査で一日がかりだぞー。
というわけで、原稿が終わったら、俺、歯を抜きに行くんだ(゚∀゚)/ウヒィ

今、東京国立博物館で茶の湯展をしていますね。
もう、行きたくてたまらなくなっておりますーー!
だって、アルカンシェール財団の『青磁下蕪花入』が展示されてるんだよぉーーーー!!
あと、5月の終わりには李迪筆の『紅白芙蓉図』が展示されるしぃーーーー!!
もう、これは見に行けってお告げとしか思えないぃぃぃぃ!
ていうか、近場にいたら展示品が入れ替わるたびに見たいですよ。
国宝とか重文が全国から集まっているじゃないの……。
すごすぎでしょう。
まあ、静嘉堂文庫の曜変天目⇒見た
東洋陶磁美術館の油滴天目⇒見た
九州国立博物館の油滴天目⇒見た
なので、天目についてはわりと満足してはいるんですが……。
あとは、藤田美術館の曜変天目を見たいです。
ちなみに、今、展示されてるの知ってる(゚∀゚)/

まあでも、やきものはあまり色変を考えなくていいからか、けっこう
長期間展示されてるけれど、絵とか書がですね。期間絞っているよなぁと。
南宋画がけっこう展示されているので見たいんだけどなぁ。
日本人は南宋画好きだよね。まあ、わかる。夏珪の山水画とかもろ日本人好み。
ちなみに、日本人が好きでいっぱい持ち込まれている牧谿の絵ですが、
中国では牧谿は無名らしいそうです。ということを知ったとき、
やっぱり日本と中国は好みが違うなぁと思いました。

というわけで、トーハクはなんとかして往きたい(ある意味当たってるな……)
と思います。
スポンサーサイト
プロフィール

日高 砂羽(ひだか さわ)

Author:日高 砂羽(ひだか さわ)
 集英社コバルト文庫・オレンジ文庫で小説を書かせていただいております。

 ブログ内の記事の著作権は放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

 ご用の方はメールフォームをご利用ください。返信が必要なメールで、1週間経ってもこちらからの返信がない場合、再度ご連絡くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: