--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-12-26

去る10月のできごと。

もうとっくに過ぎ去った10月のできごとですが、小田さんと九州国立
博物館で、「美の国 日本」展を鑑賞しましたー。

当日は晴れということは覚えておりますが、暖かかったかどうかとか
覚えてない\(^o^)/
ともあれ、車で向かったら博物館の駐車場が目の前で満車になるという
痛恨の一撃を受けて、太宰府天満宮の駐車場に停めるはめに。
太宰府天満宮の駐車場に停めると、歩いて博物館に向かわなければ
なりません。年がら年中、お客さんで賑わう天満宮の参拝道を抜けて、
博物館に。小田さんから大宰府天満宮に停めるので、しばしお待ちをと
連絡を受け、博物館付属のレストランにて仕事しながら待ちました。
このとき必死にやった原稿が、『魔王の花嫁と運命の書』2巻ですー。

小田さんが来られたのち、ごはんを食べながらおしゃべりしました。
相変わらず、色々と話したなーと。
仕事における悩みやら愚痴めいたことやら、いつものようにしゃべり
倒しました。書き手の悩みというのは、同じ作家さんに話すのが一番というか、
他の人にはなかなか理解してもらえないことですからね。ついつい、
小田さんに話してしまいます。

ある程度、気が済むまで話したら、今回の本命「美の国日本」展へ。
駐車場がいっぱいになることからわかりますが、お客さんが多かったー。
とはいっても、阿修羅展ほどではない\(^o^)/
外で2時間待ったあのときに比べたら、中までスムーズですからね。
展示場の中が混んでいましたが、かえっておしゃべりできて気楽です。
特に平安関連の品々は、小田さんから解説してもらいました。
ちなみに、出会ったおじさまからも説明してもらった。たまに、マニアが
いますよね、ああいう場って。ちなみに中国でも同じような経験がありまして。
京劇を見ていたら、隣席のおじさまから解説してもらったことがありました。

展示品の目玉は、「螺鈿紫檀五絃琵琶」。
きれいでしたよ、きらきらしてました✨
あまり実用的に見えなかったのですが、ちゃんと音が出るらしく、演奏の
録音が流れておりました。弾けるんだなーと感心。
あとは、展示品の最後にあったアイヌや琉球の衣装に心惹かれました。
ヒロインちゃんに着せたいなー。

その後は、天満宮にお参りし、いつものように梅が枝餅タイム。
この日は、帰りに何か食べるかもと思ったので、1個しか食べなかったど(`・ω・´)
ちなみに行ったのは、「かさの家」さん。
有名なお店なのですが、中の喫茶ルームがまた風情がありまして。
ちょっと隠れ家風でした。野点てコーヒーなるものを頼んだら、抹茶風なお椀に
入った、泡立てコーヒーが出てきた(´・ω・`)
予想外でしたが、おいしかったです。
こちらでもいろいろと喋りたおして、タイムアップ。
それぞれ車でお別れしました。

相変わらず、とても楽しい時間を過ごしましたが、
今後も九国は「黄金のアフガニスタン展」「始皇帝と大兵馬俑展」といった
心躍る企画がありますから、小田さんと鑑賞予定です。

20151106000925df5.jpeg
上の写真は、つわぶきの花です。
小田さんに教えてもらった(*'▽')
かわいい花ですよね。

小田さん、諸々、ありがとうございました!

あと、拍手をありがとうございました!
しっかり原稿しろという励ましだと思っております\(^o^)/


スポンサーサイト
プロフィール

日高 砂羽(ひだか さわ)

Author:日高 砂羽(ひだか さわ)
 集英社コバルト文庫・オレンジ文庫で小説を書かせていただいております。

 ブログ内の記事の著作権は放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

 ご用の方はメールフォームをご利用ください。返信が必要なメールで、1週間経ってもこちらからの返信がない場合、再度ご連絡くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。