2017-02-22

長崎燈会~(*'▽')

ただ今、原稿作業の合間のアイドルタイムでございます。
つまり、自分ではなく、他の誰かが作業をしてくださるという
ありがたい期間です(ノД`)・゜・。

というわけで、三週連続で小田さんとお会いした、その第一週目について。
長崎燈会に行きました~。

2017021300054885a.jpg 201702130006301e8.jpg

中央公園にあったオブジェ。龍と……もう一個の写真は……。
えーと、狛犬?? 獅子?? 的な感じのかわいい動物。門前にあったので、
狛犬かな。

あいにくの雨でした。長崎は今日も雨だった……。
小田さんのブログにありましたが、残念ながら変面ショーも龍踊りも中止。
せっかく小田さんに来ていただいたのに、これはわたし日高の日頃の行い(原稿)が
悪い(遅い)からかもですね(ノД`)・゜・。

変面はわたしも見たかったです。
「ビエーン、ミエーン」とか叫ぶ中国語の変な歌がおもしろいのに。
変面のカラクリ、誰か教えてほしい。ほんとに不思議。

催しですが、孔子廟であった獅子舞は見たんですよ。獅子舞といっても中国獅子舞
ですが。パッチリした目がかわいらしい獅子舞です。頭を噛まれたら運がよくなると
言われているので、獅子が噛むそぶりをしたらみんな頭を向けていました。

ちなみに、長崎の孔子廟の文物展示館は中国の博物館からいろいろと展示品を
借りていますので、けっこうおもしろい展示があります。今は清のやきものが
展示されておりますよ~。明清のやきものは派手ですね。わたしは宋代の
やきものを愛してますが。

今回、慣れない電車に乗るにあたり、乗り場をまちがえたり、乗ったらびくびくしたり、
およそ地元民とは思えない行動をしてました。最近、車しか乗らないもんですからね。
観光案内とかするどころではないっていう……。
ラストはファミレスで食事とおしゃべり。
このとき、わたしが大阪の東洋陶磁美術館に近々行きますと話したことで、
次のプランが決まったのでした~。

ということで、京都・大阪旅行編は次回の更新時に。
スポンサーサイト
2017-02-05

初稿終わり(゚∀゚)

2月になりましたね。
今日、出先で梅が咲いているのを見かけ、時の流れの無情に涙しました。

原稿という難敵との戦いがひとまず終了しました。
最後の数日は、(゚∀゚)みたいな顔してやってましたが。

これから修正をほどこして送れば、あとは担当さん他、皆さまの
作業になります。で、次の作品のプロットを送り、ぼちぼちと
書きはじめる予定。書ける喜びをしみじみと味わいつつ
原稿に取り組もうと思います。

最近、平安関連の資料を読んでおります。
で、妹から「お姉ちゃん、大鏡読みなよー。道長、超カッコイイってなるよ」
と言われたのですが、今のところ平安関連もの読んでの感想。
1.道長の幸運男子ぶりに嫉妬。
2.伊周は自滅しすぎだと思う。
3.定子さま超かわいそう。
4.菅公が報われなさすぎて(´;ω;`)ウゥゥ 怨霊になるわ、そりゃ。

でしょうか。個人的には宋代とかぶるので、つい色々と比べてしまう。
特になんとなくいやーんな気持ちになるのは、摂関期の、家柄で出世が
決まっちゃうというところでしょうか。宋代はちょうど科挙が本格運用されだして、
科挙に通らないと役人になっても出世しないという状態だったらしいのですよね。
恩蔭といって、親が功あったら子も役人になれるみたいな制度もあったらしいのですが、
出世はできなかったらしいです。まあ、科挙も欠点はいっぱいありますけどね。
宋代でも江南と北のほうだと合格者の数が違って(南が多い)、南北問題みたいに
なってたらしいですよ。江南のほうが経済的に進んでいて、裕福な地主階級が
多かったから、有利だったんでしょうね。科挙勉強中はそれしかしてられないから。

ちなみに、書きあがった原稿は、平安関連とかではないです。
あっ、平安は平安で楽しんでますよ。でも、書くとしたら、ヒーローにアクション
させられそうにないのがつらい(アクション好き)。

もうすぐ小田さんとお会いするので、楽しみです~。

プロフィール

日高 砂羽(ひだか さわ)

Author:日高 砂羽(ひだか さわ)
 集英社コバルト文庫・オレンジ文庫で小説を書かせていただいております。

 ブログ内の記事の著作権は放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

 ご用の方はメールフォームをご利用ください。返信が必要なメールで、1週間経ってもこちらからの返信がない場合、再度ご連絡くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: