2015-10-06

せっかくだから、『魔王の花嫁と運命の書』についてちょっと語ってみる。

せっかくですから、『魔王の花嫁と運命の書』について、思いつくままに
語ってみます。

『魔王~』のプロットは、ちょうど眼帯ヒーローブームの波がわたしに
来ているときに作成しました。あと、ごっついお兄さん書きたい波も
来てました。というか、『ななつぼし洋食店の秘密』の桐谷とルードルフは
同じ系統のヒーローですね。同じころにプロット作成したので、そうなった。
ヒーローはヒロインよりもプロット作成時の萌に左右されます。
ちなみに、『天命の王妃』からの流れだと。

無憂→いつでもどこでも女の子を口説けるお兄ちゃん。でも、暗い過去があるよ。
アンリ→天命の耿をヒーローにしたら……というコンセプトで書きだしたのに、
基本は真面目だが切れると手がつけられないお兄ちゃんになる。暗い過去があるよ。
桐谷→今まで書いたヒーローで一番まともな気がする。たぶん若いときは苦労人。
やっぱり暗い過去ry。
ルードルフ→自分から苦労を背負い込むタイプのお兄ちゃん。周囲の人間には
全然恵まれない。家族も部下もちょっと気になる女も全員駄目人間。やっぱり暗い過去ry。

みんな暗い過去ありすぎですね。作者が好きなんだから仕方がない(`・ω・´)
現実にいたら、面倒そうだから付き合いたくないヒーローをヒロインには
あてがいたくなります。ヒロインが超迷惑ですね。

あと、今作、書いてて楽しーってなったのが。
・コンラートとエーリヒの会話
・ルードルフとアルブレヒトの会話
ってのが、どうなのかと。ちなみに、紫真依さんのイラストラフですが、
コンラートとエーリヒはまんまだー! と興奮しました。セシーリアは
想像より美人で、ルードルフはかっこよくなっております。本当に
すばらしいイラストをいただきました。

セシーリアは言いたいことを言い、やりたいことをやるという
ヒロインで、書いていて楽しかったです。ヒーローに負けないヒロインに
したかったのです。今作でもルードルフは相当に手を焼いておりますので、
未読の方は「ルードルフかわいそー」と思いつつ読んでいただければなと。

あと、作品を書くときは、いつもヒーローのアクションシーンが私的山場に
なっております。どんなアクションにしようかなーと考えてはにやにやして
おります。ルードルフのバトルは楽しかった……!
ちなみに、どの作品も同じ。ヒーローのアクションシーンが大好きです。

という感じ?の『魔王の花嫁と運命の書 男装王女は潜入中!』
ただいま、発売中でございます。よろしくお願いします!
スポンサーサイト
2015-10-06

魔王の花嫁と運命の書が発売されております!!

先月は久しぶりの新刊発売にもかかわらず、宣伝しませんでしたorz
なんて言えばいいのか……帯つき画像どころの話ではない。
本屋さん及び公式Twitterにて帯つき画像はご覧いただけますので
そちらをご確認いただくとして。
わたしが声を大にしてご連絡したかったのは、先月の公式さんで
表紙画像がダウンロードできるぜ
ってことだったんですが、もう今月新刊の表紙に差し替わっておりますorz
今月刊の表紙もすてきですがっ。紫真依さんのすてき表紙は
先月しかダウンロードできなかったんですよ、それをうをぉぉぉぉ。
もちろん、わたしはダウンロード済みですがっ(`・ω・´)
バナーもダウンロードしたので貼ろうとしてみましたが、できませんでした(白目)。
これだから、機械オンチはっ。
なんとかがんばってみます。

原稿その他で9月が光陰矢の如しって感じで過ぎ去りました。
公式さんで動きがあり次第、新たなお知らせをしたいと思います。

この間、家族サービスを兼ねて温泉に行きました。

2015091721563351b.jpg

小浜温泉~。小浜温泉は島原半島にある温泉です。
雲仙の麓といえばいいんでしょうか。雲仙は、かつては長崎に居留していた
外国人の避暑地だったので、上流な雰囲気なのですが、小浜温泉は私的な
感覚だと庶民的です。しかし、湯量が豊富でして、かけ流しなのですよ。
休日の夕方だというのに(のせいなのか)、わたしが利用したところはお客さんが
おらず、一時は貸し切り状態でした。ともあれ、じゃんじゃんかけ流しのお風呂は
贅沢な気分にさせられます。

夕食は小浜ちゃんぽん。例によってがっついたので、写真はありません。
私的な感想だと、スープの濃さでは、
中華街>>>小浜ちゃんぽん>>リンガーハット
でしょうか。実にざっくり感想。なんの役にも立ちませんね。
食べやすくておいしいちゃんぽんでした。
ちなみに、リンガーハットのちゃんぽんも好きですよ。
長崎にはいっぱいお店があります。長崎ちゃんぽんは普通サイズの
お値段で麺の増量ができるので、魅力的ですね。
わたしはいつも1.5倍にします(`・ω・´)
あと、餃子食べる(*´▽`*)

というわけで、温泉で心をお洗濯しました。
これからも、がんばるぞ。



プロフィール

日高 砂羽(ひだか さわ)

Author:日高 砂羽(ひだか さわ)
 集英社コバルト文庫・オレンジ文庫で小説を書かせていただいております。

 ブログ内の記事の著作権は放棄しておりませんので、無断転載等はご遠慮ください。

 ご用の方はメールフォームをご利用ください。返信が必要なメールで、1週間経ってもこちらからの返信がない場合、再度ご連絡くださいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: